ホーム > CSR > 環境マネジメント/環境に対するリスクマネジメント

環境マネジメント/環境に対するリスクマネジメント

環境マネジメント

エーアンドエーマテリアルは、社会の経済と持続的発展に貢献するために環境負荷の軽減に取り組んでいます。

環境憲章

当社グループは、経営理念に基づいた「環境憲章」を制定して、その具現化のための「環境目標」を設定し、循環型社会の構築、地球温暖化の防止、環境負荷軽減および水資源保護といった環境管理活動に取り組んでいます。

環境理念

エーアンドエーマテリアルグループは、熱および音のコントロール技術ならびに資源の有効活用および再生利用技術を柱に、地球環境の保全に配慮した企業活動を行い、社会と経済の持続的発展に貢献します。

環境方針

  1. 環境の持続的改善に寄与するよう配慮した、環境マネジメントシステムを構築し、維持する。
  2. 生産・販売・施工・廃棄物処理等に際しては、環境保全に関する法律・条令・協定等を遵守する。
  3. 省資源および省エネルギーの推進ならびに廃棄物の抑制・再生利用のシステムの確立により、環境負荷を低減する。
  4. 環境保全に配慮するとともに、環境負荷低減のための革新的技術開発を行う。
  5. 環境保全に関する啓蒙、教育を全従業員・関係者に対して積極的に行い、環境保全活動の促進、定着を図る。
  6. 地域社会との交流、情報の公開等により、社会と共生した環境保全活動を積極的に推進する。

環境管理推進体制

当社グループでは、内部統制・リスクマネジメント本部管掌役員が委員長を務める「中央環境管理委員会」を組織化しています。委員会で検討し、決定した環境目標は全事業場に展開しています。環境目標に基づき、各事業場長は、事業場における方針・目標を設定し、環境活動に取り組んでいます。この活動の実施状況は中央環境管理委員会に定期的に報告され、進捗確認を行い、次の取り組みについて検討する仕組みになっています。また、重要な環境課題については、取締役会および経営業務執行組織に情報が伝わるような体制となっています。

中央環境管理委員会 事務局 本社 技術開発研究所 建材事業本部 支店、営業所、倉庫 生産工場*1 工業製品事業本部 支店、営業所、倉庫 朝日珪酸工業㈱ エーアンドエー工事㈱ 支店、営業所 ㈱アスクテクニカ*2 第一工場 第二工場 *1生産工場 滋賀工場、㈱エーアンドエー茨城、㈱エーアンドエー大阪、関東浅野パイプ㈱ *2㈱アスクテクニカは独自の環境システムを構築しているため、環境管理データの報告を受けるだけにとどめております。

環境管理の状況

当社グループでは、㈱エーアンドエー茨城(当社技術開発研究所を含む)、㈱エーアンドエー大阪および㈱アスクテクニカがISO14001を取得しており、環境マネジメントシステムを構築し、環境負荷の低減に取り組んでいます。

㈱エーアンドエー大阪のISO審査の様子

環境に対するリスクマネジメント

化学物質管理

製品の開発設計段階から、材料調達、製造、輸送、販売、廃棄までの各段階で化学物質関連法規制の遵守に取り組んでいます。また、関連法規制改定への対応のため、定期的に規制すべき化学物質を見直しています。お客様や施工業者様への製品の安全性に関する情報として、SDS(安全データシート)を積極的に提供しています。法律で定められた危険有害物質(労働安全衛生法の通知物質、化学物質排出把握管理促進法の指定物質、毒劇物取締法の毒劇物)に限らず、すべての製品および廃棄物の一部について製品の安全性や取り扱い時の注意事項などを記載したSDSを発行しています。

想定される環境に関する緊急時対応

当社グループでは、各事業場において適宜防災訓練を実施し、初動対応ならびに緊急連絡体制など、緊急時における対応について確認しています。生産工場では、危険物取扱い施設などでの事故発生(火災・爆発、漏洩)を想定した対応訓練を繰り返し行い、防災に関する継続的なレベルアップに努めています。また、自然災害(地震、津波)における防災訓練を実施しています

水質汚濁防止への取り組み

生産工場の製造段階で多量の水を使用しますが、㈱エーアンドエー茨城および㈱エーアンドエー大阪では工場内で水を循環使用し、外部へ排出しないクローズドシステムで管理しています。オートクレーブおよびボイラのドレン水も含め、生活排水以外は工場外へ排出していません。その他の工場でも適切に処理し、法令に準拠して排出しています。

大気汚染防止への取り組み

生産に用いるボイラの定期点検を行い、排ガスの汚染を低減しています。さらに、ボイラおよびバーナーの燃焼調整等により排ガスの汚染減少も推進しています。

環境管理活動と目標

「環境憲章」に基づいた環境中期計画(2018年~2020年度)を策定して、環境に関する年度目標を設定して活動しています。

活動 環境目標 2018年度 目標 2018年度 実績 評価 2019年度 目標

(2020年度目標含む)

環境負荷の低減

CO2排出量の低減(全事業場)

CO2排出量原単位の低減(主要工場)※

CO2排出量の低減

CO2排出量原単位を2017年度比1.5%減

CO2排出量2017年度比3.6%減

CO2排出量原単位2017年度比約7%減(2020年度比8.5%減)

達成

CO2排出量の低減

CO2排出量原単位を2018年度比1.5%減(2020年度のCO2排出量原単位を2016年度比6%減)

輸送エネルギー原単位の低減 2017年度比1%減 1.4%増 未達成 2018年度比1%減
産業廃棄物の低減 産業廃棄物排出量の低減(生産工場) 2017年度比5%減 2017年度比45%増 未達成 2018年度比5%減
環境活動の基盤整備 ISO14001の維持更新 認定工場のISO維持更新

㈱エーアンドエー大阪は更新

㈱エーアンドエー茨城は維持

達成 ISO14001の維持更新

法令遵守の徹底

教育の実施

継続して実施 環境関連法令の配信 達成 継続して実施
地域とのコミュニケーション 清掃活動や環境活動 地域ごとの対応

加領川周辺清掃(滋賀工場)

周辺清掃(朝日珪酸工業㈱)

達成 地域ごとの活動推進
苦情対応による再発防止 環境情報に対する回答 回答1件(うち当社グループ起因1件) 達成 環境情報に対する回答
情報開示 CSR報告書の発行 年1回 2018年9月発行 達成 年1回発行

製品に関する
お問い合わせ・お見積り