技術開発研究所 第2グループ 2019年入社
T・S

「熱をコントロールする技術」を維持するため
チームで危険を察知しながら実験に取り組んでいます!

お仕事Q&A

Q.入社の理由

Answer:弊社エーアンドエーマテリアルは長い歴史で培った「熱をコントロールする技術」によって、火災が起きた際に人命に直接関わるような製品を生産しています。そういった社会的に重要な製品に関わることにより責任の重さは生じるものの、同時に働く上でのモチベーションも大きくなると思い志望しました。また面接を通じて感じた、会社としての雰囲気の和やかさも魅力でした。

Q.入社してみて感じた会社の印象

Answer:成長を応援してくれる会社だと思います。日常的な試験業務だけでなく、資格習得のための技能講習、知的財産に関する講習会および施工現場の見学など、研究所以外の部署で働く上でも大切な経験を多く積ませていただき、日々知識や知見を深めています。

Q.ご自身の部署の具体的な業務内容

Answer:技術開発研究所では新商品開発、既存商品の競争力維持・向上、生産販売への技術支援および人材育成などに取り組んでいます。

Q.ご自身の入社時、また現在担当している業務はどのようなことか

Answer:弊社の技術の要である材料の不燃性試験を行ったり、その材料を組み合わせて壁などの構造体を作製し、耐火性能の確認等を行っています。時には弊社の製品が使用されている遠方の施工現場へ出向いて試験を実施したり、机に向き合って新しい課題解決方法や試験方法を考えなくてはならなかったりと、頭と体の両方を使いながら仕事に励んでいます。

Q.ご自身の部署での仕事のやりがい

Answer:新製品の開発や既存品の改良には多くの試験および実験が必要とされます。また、研究所でしか行うことのできない分析や評価といった依頼が、社内のみならずグループ会社からも依頼されてきます。そういった業務を通じてデータや知見が蓄積されていくことや、自身の考察も含めた報告書として最終的に形になったときにはやりがいを感じます。

Q.ご自身の経験から、どのような人がこの仕事に向いていると感じるか

Answer:目標に向かって腰を据えて取り組める人です。研究を行っていく上では性能を満足しなかったり、予想した試験結果が得られないことも多々ありますが、原因を追究し、筋道を立ててそれらを1つ1つ解決していくことが求められるためです。

Q.これからどのようなことに挑戦、また実現させたいか

Answer:私の所属するグループでは、弊社の製品を使用した大型の構造体を、1000℃を超える高温で加熱する試験も行います。そのような試験には危険も多く伴うため、各手順を丁寧かつ安全に行えるようになること、危険を予知できるようになりチームワークで無事故を維持していくことを目標としています。

Q.どのような人と共に働きたいか

Answer:素直な人です。例えば何か失敗したときに、それを素直に認め、学んだことを次にどう活かすか、真摯に考えることのできる人と働きたいです。

その他の社員紹介を見る

エントリー・採用に関するお問い合わせ

マイナビ